3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

日中友好交流行事 中国大使館主催の映画会に参加しました 総務課 青柳 健太

●はじめに

 2018年4月19日(木)、院長と交流のある中国大使館(東京)の主催する映画会が開催されました。この催しは中国映画を通じて日中両国の相互理解を深めるために毎月開催されています。

●映画のあらすじ

 上映された映画は「僕はチャイナタウンの名探偵」という作品で、一度見た物は忘れない能力(サヴァン症候群? )を持つ秦風という若者と、タイに住む親戚の唐仁の二人がおりなすコメディ映画です。
 警察官採用試験に落ちた主人公・秦風は、両親の勧めもありタイで名探偵と噂される親戚の唐仁のもとを訪れます。
 秦風の持つ記憶力と推理力に驚いた自称名探偵の唐仁は、秦風に自分の仕事の手伝いをお願いします。
 しかし、唐仁が殺人事件の被疑者として警察から指名手配を受けてしまい、秦風も唐仁の逃亡劇に巻き込まれてしまいます。
 警察の包囲網が狭まる中、二人は無実を証明するために事件解決に乗り出します。
 そこに、地元のマフィアや消えた金塊を狙う盗賊団3人組も合わさり混乱に拍車が掛かるも、どんでん返しの結末を経て事件は一応の解決を見ます。

 コメディ映画の肝はギャグがいかに観客に伝わるかで面白さが変わります。今回は日本語字幕のみの上映のため、全ての面白さを堪能する事は出来ませんでしたが、役者の表情や間の取り方、シチュエーションだけでも十分に楽しめる作品でした。
 ちなみに、本作品の続編も中国では公開されているそうです。もし観る機会がありましたら、1作目と併せてどうぞ!