3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

げんき倶楽部杜人 〜英国のブレークファスト〜

げんき倶楽部杜人 〜英国のブレークファスト〜

An.:…江澤アナウンサー、Dr.:…三好院長]

〜英国のブレークファスト〜

 耳・鼻・喉に関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉科クリニック」の三好彰院長は、耳鼻咽喉の診療に携わって40年。今回は2013年8月にfmいずみで放送された内容を紹介します。

英国のブレークファスト

An.:  それまでぜいたく品だった紅茶を庶民も存分に味わえるようになった頃には、英国の労働者階級の生活も十分豊かになっていたんでしょうか。
Dr.:  日常の食事はまだ、そんなに栄養豊富ではなかったようで。英国の労働者が、食事時にエールやビールを飲むのには、栄養補充の意味がありました。紅茶の流行後は、紅茶がその役割を担うことになります。
An.:  紅茶で栄養を補ったんでしょうか?
Dr.:  産業革命以前の農業主体の英国では、いわゆる「ディナー」、つまり1日のメインの食事は、お昼に取りました。しかし労働形態が変化し、朝から晩まで工場で働くようになると、このディナーは夕刻の8時から9時になります。江澤さん、英国式朝食、つまりイングリッシュ・ブレークファストって、どんな感じでしょうね。
An.:  江澤のイメージする洋食の朝ご飯は、えーっと、ジュースとパン、コーヒーに卵料理が付くのかしら? 
Dr.:  卵・パン・コーヒーは「アメリカン・ブレークファスト」、卵抜きでサラダやオートミールなど冷たいメニューを添えてあるのは「コンチネンタル・ブレークファスト」と呼ばれます。
An.:  ニューヨークのような大都会のビジネスマンは、食べたら眠くなるような非効率的な朝食は避けるのかと。
Dr.:  デスクワークが主体のビジネスマン向けには、そうした軽い朝食が適しています。軽い内容でも早朝の低血糖状態、つまり体内のエネルギー不足時間には適切なエネルギー補給となります。アメリカンのような軽食的朝食とひと味違うのが、英国の労働者たち、いわば庶民の朝食です。産業革命以後の工場労働では、当然ですが、1日中厳しいお仕事が待ってますから。
An.:  朝食でエネルギーを確保しなくっちゃあ、たまりませんね。
Dr.:  当時の英国全てで、現在のイングリッシュ・ブレークファストみたいな豪華な内容だったかどうか、断言はできないのですが。嫁いだ一人娘に会いに私が英国へ行くと、朝からおなかがいっぱいになるくらいの豊かな朝食が待っています。つい先日宿泊したばかりのB&B。英国では、朝食付き1泊システムのペンションみたいな施設を「ベッド・エンド・ブレークファスト」っていうんです。
An.:  ああ、それで「B&B」なんですね。
Dr.:  朝食はセルフサービスでした。まず好みのフルーツジュースをグラスに注ぎ、トーストをトースターに入れて待ちます。
An.:  わぁ、すてき!
Dr.:  これまたセルフのミルクを、カップの縁すれすれまで満たしてっと。
An.:  先生、お砂糖は?
Dr.:  甘くなり過ぎない程度に、でも惜しみなく入れます。ティースプーンでゆっくりとかき混ぜて…。この時ティースプーンは、必ず右回しに回すんです。そうすると良いことが起こると、信じられていまして。
An.:  先生、きっと近いうちに良いことが起こりますよ。江澤の第六感がそう言ってます(笑)。
Dr.:  その予感の実現が、待遠しいですね。

気になる不安・疑問を専門医で解決

めまいQ&A

Q:  "体操" で治るめまいがあるって本当ですか?
A:  耳の中の三半規管の脇には「耳石器」と呼ばれる、体の位置を感じ取る神経細胞の上に石が載った装置があります。石は体の傾きを神経細胞に伝える役割を果たしているのですが、この石が交通事故などで体をぶつけたりした拍子に剥がれ、三半規管に入ってしまうことがあります。三半規管の中で石が揺れ、この動きが神経を刺激すると、体はめまいを感じます。首を上にひねったり、かがんだり、ちょっとした体の方向転換の瞬間ごとに世界がぐるっと回ってしまう。「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」と呼ばれるこのめまいは“体操”のようなリハビリ的な治療で治すことができます。
 BPPVは体の動きに従って石が揺れ、神経が刺激されて起こるわけですが、このめまいを起こす体の向きと逆向きに体をねじる治療が「エプリー法」です。三半規管の中に入り込んだ石を元の位置に戻し、症状の変化によって注射や飲み薬を併用することで、めまいがすっきり起こらなくなります。正確な診断と治療には、めまい専門医を受診するのが理想です。