3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

げんき倶楽部杜人 〜「半ドン」の語源とは?〜

げんき倶楽部杜人 〜「半ドン」の語源とは?〜

An.:…江澤アナウンサー、Dr.:…三好院長]

〜「半ドン」の語源とは?〜

 耳・鼻・喉に関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉科クリニック」の三好彰院長は、耳鼻咽喉の診療に携わって40年。今回は2013年7月にfmいずみで放送された内容を紹介します。
[An.…江澤アナウンサー、Dr.…三好院長]

「半ドン」の語源とは?

Dr.:   前回「Time is Money=時は金なり」というベンジャミン・フランクリンの言葉をご説明しました。
An.:   言葉は小学校で習いましたが、フランクリンの格言だったなんて。
Dr.:   今の若い人たちにはなかなか理解してもらえないセリフかも知れませんね。ネットに「時は金なりとは時給のことかと思っていた」(笑)、なんて書き込みがありました。もともとのフランクリンの文書は次のような内容です。「時は金なりということを、忘れてはならない。自らの労働により1日10シリングを稼げる者が、半日出歩いたり、何もせず怠けていたりしたら、その気晴らしや怠惰に6ペンスしか使わなかったとしても、それだけが唯一の出費と考えるべきではない。彼はさらに5シリングを使った、というよりむしろ捨てたのである」。これは当時の産業革命後の英国の気分を端的に表していまして、ですね。江澤さんは「半ドン」って知っていますか?
An.:   土曜も1日中診療している三好先生のクリニックとは無縁の言葉でしょうね。
Dr.:   つまり「半ドン」って言うのは…。
An.:   お仕事が午前中だけで終了し、午後は半日お休みっていうことです!
Dr.:   私のクリニックは日曜が半ドンで、他の曜日はほとんど毎日診療していますけれど。今は週休2日制になった一般の会社や学校も、以前は土曜が半ドンに相当していました。
An.:   半ドンって、どういう語源だったんでしょうか?
Dr.:   これには説が三つあるそうです。第1が「出島説」。江戸末期、長崎の出島から、オランダ語の日曜もしくは休日を意味する「Zontag」という言葉が伝わり、なまってドンタクになりました。それが半ドン、つまり半分のドンタクになったという説。ドイツ語でも日曜のことを「Sontag=お日さまの日」と言いますね。福岡市のお祭り「博多ドンタク」はオランダ語由来であるとされています。
An.:   ありそうですね。
Dr.:   第2の説は明治時代から第2次世界大戦中にかけて、正午つまり真昼12時に空砲を撃つ習慣のある地域で「ドン」と撃つから「半ドン」と呼ばれるようになった、との説。
An.:   半日で「ドン」と鳴るから、半ドンなんですね? 
Dr.:   私が子どもの頃、仙台市の市役所ではお昼の12時にサイレンが鳴っていまして。サイレンですから「ウーッ」と鳴ったんですけどね。
An.:   仙台じゃ半ドンでなくって「半ウーッ」ですね(笑)。
Dr.:   第3の説ですが、半分休みの土曜を略して「半土」という言葉が生まれ、転じて半ドンと言われるようになったというお話。
An.:   週休2日制の今ではピンと来ませんね。
Dr.:   日本で半ドンの習慣が始まったのは、1876年。「1と6のつく日を休みにする」という、それまでの「1・6ドンタク」の習慣を廃止し、日曜を休日とし土曜を半日勤務とする制度が制定されました。欧米の習慣に日本の制度を合わせたものです。
An.:   ってことは、欧米ではその前から半ドンが根付いていたんでしょうか?
Dr.:   その謎解きは次回。お楽しみに!
博多ドンタク

気になる不安・疑問を専門医で解決

めまいQ&A

Q:  サッカーのヘディングなど頭を打ったことが原因で、めまいが起こることがあるって本当ですか?
A:  本当です。そのめまいの病気の代表例が「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」。英語をそのまま訳すと「命に影響はないけれど、姿勢変換の時にすごく奇妙な起こり方をするめまい」という意味になります。
 BPPVは「耳石」という内耳の中で体の傾きを感じる役目を果たしているカルシウムが、例えばボールにぶつかるなどの衝撃を受けたとき、三半規管の中に紛れ込んで起こります。耳石が内耳のリンパ液の中を揺らめき回り、神経細胞を刺激すると、めまいの電気信号が全身を駆け巡り、世界中がグルグル回って立っていられなくなったり、強い吐き気で具合が悪くなったりします。三半規管は、角度によって耳石の刺激を受けるため、姿勢によっては全く発生しないこともあります。普段は何ともないのに首をひねった時だけいきなり起こる、というような状況もあり得るのが特徴です。
 BPPVの唯一の治療法である「エプリー法」については、当院のHPでも紹介しています。