3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

山形芋煮会レポ ~馬見ヶ崎川原にて~ 秘書課 菅野 瞳

芋煮は醤油と牛肉?

 秋晴れの行楽日和とはいきませんでしたが、去る2016年10月9日(日)、護国神社至近の馬見ヶ崎川原にて、本場山形の芋煮会が行われました(図1)。
 山形の芋煮と言えば、醤油ベースの牛肉と里芋入りです。生粋の仙台人の私は、恥ずかしながら、醤油ベースの芋煮を口にした事がありませんでした。牛肉が入る芋煮だから、いいおダシが出るのだろうな…という単純な予想だけを立て、小雨が降るなか現地に向かいました。
 川原のどの辺りなのだろうと、辺りを見渡しながら歩いていると、風にのって良い匂いがするではないですか! その匂いに誘われて、無事芋煮会場に辿り着きました。
 会場では既に芋煮がグツグツと煮えており、里芋もいい具合に煮崩れが出て、醤油味が染み込んでいる様が分かりました(図2・3)。
 芋煮の他にも、皆さんが持ち寄った日本酒、栗の甘露煮、おみ漬けなどの郷土料理がならび、食欲がそそられました。いざ試食となった頃には、お天気も回復し、秋晴れの中での芋煮会になってくれました。
 山形独特の醤油ベースの芋煮は、郷土を思わせる懐かしい味がして、全身に染みわたりました。
 冬場に大活躍するわが家の鍋レシピに、醤油ベースの芋煮も加え、料理上手の主婦に近づきたいなと思いました。味噌に負けず劣らずの醤油ベース芋煮……感無量でした(図4)。

(図1)山形ICのすぐそばです (図1)山形ICのすぐそばです

(図2)グツグツと煮えた醤油味の芋煮 (図2)グツグツと煮えた醤油味の芋煮

(図3)魅惑の3点セット (図3)魅惑の3点セット

(図4)曇天でも賑わう会場 (図4)曇天でも賑わう会場