3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

日本イスラエル親善協会 主催 イスラエル独立68周年記念の夕べに参加しました 総務課 青柳健太

(図1)新宿御苑の北側にあります(図1)新宿御苑の北側にあります

 2016年5月30日(月)、院長が所属する日本イスラエル親善協会の主催する会が、東京都千代田区のいきいきプラザ一番町で開催されました(図1)。
 この会は、イスラエル独立68周年を記念して開かれ、駐日イスラエル大使ルツ・カハノフ氏のほか、外務省関係者、一般聴講者など100名以上が参加しました。

ご挨拶

 まず、この度新しく会長に就任された大野功統氏の挨拶に始まり、次いで駐日イスラエル大使のルツ・カハノフ氏がお話しされました(図2)。
 大使はお話の中で、協会創立50周年のお祝いと、日本とイスラエルの関係強化を図った決議が採択された事をお話しされ、今後益々の両国間の繋がりを発展させていく意義を唱えられました。

(図2)イスラエル大使のルツ・カハノフ氏(図2)イスラエル大使のルツ・カハノフ氏

男声合唱団の歌声

 壇上には、黒いタキシードに身を包んだ29名の合唱団員が並び、聴講者もその声を聴こうと静まり返りました。
 東京クローバークラブの男声合唱団は、活動歴58年を誇る団体です。国内での定期演奏会のみならず、アメリカ、チェコ、アジア各地での海外公演も実施しています。
 ホームページには、5年前の東日本大震災直後の特別演奏会についての記事が掲載されています。被災された会員もいた中、演奏会の実施について意見が真っ二つに割れたそうです。
 しかし、演奏会には多くの方が参会され、曲の歌詞とも相まって、会場が涙する場面もあったそうです。

旧約聖書の詩歌

 曲目は、150編からなる旧約聖書から引用された歌で、「Hine matov umanaim(見よ、兄弟が)」に始まり「Ose Shalom(平和を作られる方)」等の6曲、日本民謡の「さくらさくら」「故郷」「鯉のぼり」と言った馴染み深い歌が披露されました。
 その歌声は、団員の平均年齢が60歳を超えるとは思えない程に力強く、会場にいる参加者の心に響き渡っていました(図3)。

(図3)東京クローバークラブを指揮する小川明子氏(図3)東京クローバークラブを指揮する小川明子氏