3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

げんき倶楽部杜人

~中国との国交改善に向けた交流その2~

 耳・鼻・のどに関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉科クリニック」の三好彰院長は、耳鼻咽喉の診療に携わって30年余り。今回は昨年12月にfmいずみで放送された内容を紹介する。

An.:…江澤アナウンサー、Dr.:…三好院長]

~中国との国交改善に向けた交流その2~

An.: 三好先生、前回は先生がこの難しい日中関係の中で、fmいずみでおなじみの秋葉賢也さんとご一緒に、中国の政治の中枢である北京の中南海で、日本でも有名な唐家せん(とうかせん)元外相と面会した経緯について、お話を伺いました。
Dr.: どのように中国政府のブレインたちとの絆を育んでいったのかという話の途中でしたね。この番組でもこれまで話題になりましたが、私たちのグループは中国の各地域でアレルギー調査を実施し、さまざまの大学とも学術交流を行ってきました。
An.: それでは北京大や清華大とも交流を?
Dr.: 特に清華大と交流を深めてきました。
An.: 清華大は、習近平(しゅうきんぺい)国家主席らの出身校ですよね。
Dr.: ですので、大学に出入りしているうちに、自然に中国政府のブレインたちとのご縁ができました。
An.: 大学のキャンパスを歩いているだけで、大学卒業者が身近に感じられそうですね。
Dr.: 彼らと、若い世代の政治家をお互いに推薦・紹介し合うことで、日本と中国の過去の歴史にとらわれない将来の両国関係を親しく語り合えるような政治関係をつくろう。酒を酌み交わすうちに、話題がそちらに及んだこともありました。
An.: あちらのブレインたちとは、良いムードのおいしいお酒を?
Dr.: 楽しんでいました。
An.: じゃあ、唐家せんさんとは?
Dr.: 唐家せんさんは、私のお酒仲間の北京大の先輩です。
An.: そういうご縁だった!?

#

前の話 次の話

国の将来支える若い世代

An.: 現在の両国のパイプラインはややさび付いていて、実際に何かあったときに機能しづらくなっている。今のことを考えるのではなく、次世代のパイプラインを確保しておきたい。前回は、そのようにお話ししていましたよね。江澤にも分かるように、もう少しかみ砕いて説明していただけますか。
Dr.: 江澤さんもよくご存じのように、日本と中国が国交を回復した当時、それなりの世代の大政治家がそれぞれの国の担当者でした。
An.: 伝説的な政治家が、お互いの国を代表して表面的な対立を乗り越えて、人間的とでもいうべき友好関係を結んだ。
Dr.: その原理は、今の両国の表面的な対立を乗り越える際にも当然通用すると思います。とはいえ人間には寿命があります。伝説の政治家たちも、それぞれ世代交代をしなければならない時期が来ます。
An.: ああ、そうか! それで日本と中国も人間同士の友好関係が途絶え、少しずつ食い違いが目立つようになってきた。
Dr.: そこで、若い世代の登場です。
An.: 「いとしのサザン」の秋葉賢也さんとか!
Dr.: 日本からの若手政治家の有望株として、私が秋葉賢也君を推薦しました。
An.: 中国側からはどなたが?
Dr.: 清華大が、中国政府のブレインというお話はご理解いただけたと思います。私と同世代の政治学の教授のまな弟子で次期教授、つまり次世代の中国政府のブレインに最も近いといえる人を、秋葉君のカウンターパートとしてご紹介いただきました。
An.: それでは将来、秋葉賢也さんの世代が日本の顔となる日がいつか訪れたら?
Dr.: そのときの中国政府のブレインも、秋葉賢也君の古くからの知り合いとなっているかもしれませんよね。
An.: 三好先生はそうした歴史的ともいえる時間のスケールで、日本と中国との関係を考えているんですね!
Dr.: 次の世代の日中をつなぐ絆となり得る秋葉賢也君と清華大の次期教授とのご縁を、ぜひともしっかりしたものにしようと。
An.: そのときには、日中のパイプラインが固く緊密なものになっているかもしれませんね。
Dr.: 期待していただいても結構かと。

#

前の話 次の話

1時間半に及ぶ会談は終始和やかに

 
An.: 先生と秋葉賢也さんがお会いになって、唐家せんさんの反応はいかがでしたか?
Dr.: 北京の日本大使館の公使によると、あんなににこにこした唐家せんさんは初めて見たのだとか。
An.: それじゃあ大成功!
Dr.: 1時間半も会談に応じてもらいましたし、そのうち30分間は松下幸之介さんの思い出話をいかにも懐かしそうにお話ししていました。
An.: 秋葉賢也さんは松下政経塾出身でしたね。
Dr.: 今すぐではないとしても、未来の両国の人間関係や国際関係、パイプライン構築に希望が持てる訪問となりました。
An.: 貴重なお話を、ありがとうございました。
中南海にて会見する秋葉代議士と唐家せん元外相
中南海にて会見する秋葉代議士と唐家せん元外相

#

前の話 次の話