3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

ラジオ3443通信 

ラジオ3443通信 花粉症特集2

げんき倶楽部 3月号 三好耳鼻咽喉科クリニック 3443ラジオレポート ラジオ3443通信 ~早めの予防が重要な花粉症②~

耳・鼻・のどに関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉科クリニック」。三好彰院長は、30年余り、耳鼻咽喉の診療に携わる。今回は、昨年12月から1月にfmいずみで放送された「花粉症」に関する内容を紹介する。

An.…江澤アナウンサー、 Dr.…三好院長]

An.:
 前回は、シーズン目前のスギ花粉症が、鼻水などのつらい症状を引き起こし、アレルギーや免疫といった病気の本質に密接に関係していると教えていただきました。
Dr.:
 実はスギ花粉症には、「百年の恋もさめる病気」という別名があるんです。
# ※画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
An.:
 百年の恋が!? どうして、そのようにいわれているんですか?
Dr.:
 だって江澤さん。くしゃみ・鼻水・鼻詰まりの発作がひどく、おまけに涙もポロポロ。かゆくてたまらず目や鼻をこすってしまって、まぶたが腫れ上がるものですから、どんな美男美女でも、シーズン中だけは人さまにお見せできるような外観ではありません。うっかり恋人にでも見られたら、びっくりされてしまって、百年の恋もさめてしまいかねません。
An.:
 花粉症は、まさに有害そのものじゃありませんか。
Dr.:
 ところがどっこい。このつらい発作は、人体を守る免疫機構が頑張り過ぎて空回りしているからで、本来は有益な作用なんですよ。こうした諸症状は、そもそも何のために発生するのか。1を聞いて10を知る江澤さん。風邪の時のくしゃみには、どんな作用があると思いますか?
An.:
 ウイルスが鼻の粘膜の奧に入っていかないように、空気と一緒に体外に押し出す目的があるのではないでしょうか。
Dr.:
 その通り。では鼻水は?
An.:
 鼻の中のウイルスを外へ押し出している。それならば鼻詰まりは、鼻の粘膜に付着したウイルスが、それ以上、中へ侵入しないよう、入り口をふさいでしまう役割を果たしているんですね。
Dr.:
 大正解です。そうして考えてみると、風邪やスギ花粉症の時のひどい発作は、実は外敵から人体を守るための、非常に有益な防御反応だったんだといえますね。
An.:
 しかし三好先生。風邪のウイルスに対する防御反応は理解できますが、スギ花粉症の時の諸症状も、スギ花粉に対する防衛反応なんでしょうか? スギ花粉はウイルスほど、体内に侵入しても悪さをするとは思えませんが。
Dr.:
 人類は、自己の生存と種族の保持のために、古代から多大な労力を費やしてきました。生き抜く上での最大の敵は感染症。つまり、ウイルスやばい菌です。それらから身を守るため、人体の防衛力、すなわち免疫機構の向上・強化が大変重要だったんです。近年は、衛生状況の改善により、ウイルスやばい菌が減少しました。また、食べ物が豊かで栄養が良くなったことで、人体の免疫能力が高まっています。他方では、こうした衛生・栄養面の改善が、スギ花粉症の増加につながったともいわれています。皮肉にも、人間の免疫能力は向上したのに、ウイルスやばい菌の減少によって敵を見失い、いわば力を持て余しているのです。
An.:
 だから、無害な異物にも過敏に反応するようになったんですね。
Dr.:
 本来、保護すべき自分自身に害を与えるような状況になったんです。

花粉を徹底的にブロック

# ※画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
Dr.:
 今年の仙台の花粉飛散開始日は2月末、飛散量そのものは平年並みと予測されています。
An.:
 ということは、今年は昨年より楽なんでしょうか?
Dr.:
 昨年のように大量飛散した年の翌年ごろは、鼻の粘膜の過敏性が亢進していることが多いので…。
An.:
 飛散量がそれほど多くなくても、反応はひどいかもしれないんですね。
Dr.:
 予防するには、メディアのスギ花粉情報に耳を澄まし、飛散量の多い晴れた日の外出は避けた方がいいです。外出時には、マスクやゴーグルで鼻や目を覆い、花粉の接触を少なくするのが大切。マスクもゴーグルも、花粉の侵入をしっかり防げるものを選びましょう。
An.:
 衣類も注意した方がいいんですよね?
Dr.:
 花粉が体に付着しないように気を付け、コートも花粉の付着しにくい材質を選びます。帽子やスカーフの着用も必要でしょう。
An.:
 家の中では、どんなことに注意するべきでしょうか?
Dr.:
 屋内にも、花粉は入り込んできます。 換気のために、うっかり窓を開けっ放しにしないよう注意してください。
An.:
 花粉の屋内への侵入を防ぐには、どうしたらいいでしょうか。
Dr.:
 帰宅したら、家の中に入る前に、服に付着した花粉を振るい落としてください。それから、うっかりしがちなんですが、布団は屋外に干さないことをお勧めします。床掃除の際には、お茶殻をまき散らしてほうきでそっと掃くと、床の花粉を舞い散らせることなく、きれいに除去できます。水に浸した古新聞を縦に細かく切って、それで掃いてもいいですよ。
An.:
 なるほど。他にするべきことは何ですか?
Dr.:
 シーズンが始まる前の医療機関の受診でしょうね。薬剤を使って治療するなら、症状が出る前に来てほしいですね。
An.:
 何度も病院に行かなければいけないんですか?
Dr.:
 当院では、通院しなくて済むよう、内服薬や点鼻薬を2~3カ月分処方します。シーズン前から内服することで高い効果が期待できます。シーズン中は、花粉の飛散量が予想より多かった時だけ、受診してもらえばいいわけです。 ぜひ、シーズン前の受診を心掛け、つらい時期に備えてほしいです。