3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

ラジオ3443通信 花粉症予防と治療体験記

 耳・鼻・のどに関する病気を扱う「三好耳鼻咽喉(いんこう)科クリニック」。三好彰院長は、30年以上にわたって耳鼻咽喉の診療に携わる。今回は12月に放送されたラジオの内容から、花粉症の予防と、その治療法であるレーザーと高周波を使用する手術を受けた患者の話を紹介する。

[An.…江澤アナウンサーDr.…三好院長]
※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。


An.: 三好先生、来春はスギ花粉症がとてもひどくなるというようなことをよく聞くんですが、本当ですか?
Dr.: 本当です。これまで毎年スギ花粉症に泣かされていた人だけでなく、生まれて初めてスギ花粉症になってしまう人も多くなるでしょう。

An.:  それは、どうしてなんでしょう?

明暗を分ける飛散量

Dr.: どんな病気でも同じですが、病気の原因が増えれば、当然、病人は増加します。スギ花粉症の原因は、日本国中のスギやヒノキの花粉です。スギ・ヒノキの生い茂った次の春には、原因物質である花粉が全国の空を覆うことになり、春先に飛散する花粉の全体量は、その前の夏の天候に左右されるといいます。つまり、夏が暑かったり長く続いたりすると、それだけスギやヒノキ本体がエネルギーを蓄え、翌年の春に一斉に放出するわけです。それが現実には、大量の花粉の飛散に繋がるんですけどね。今年の夏は、これまでにないくらい暑く、長い夏でしたよね。すると来年の春のスギ花粉飛散は、一体どうなるでしょう。

An.:
 
想像したくない。
Dr.: 花粉症の程度、つまりくしゃ み・鼻水・鼻詰まりのつらさは、空中を舞い散る花粉の多さ、すなわち飛散量に比例します。ですからスギ・ヒノキ花粉の飛ぶ数が多いと、花粉症患者が増えますし、これまでその経験が無い人たちまで花粉症になってしまいます。
 来春の、空前と予想されるスギ花粉飛散に対して、人類はいかにしてその危機を乗り切ることができるでしょうか。

An.: 三好先生、花粉症の、病気そのものについての詳しいお話もお伺いしたいのですが、時期はすでにシーズン突入寸前です。まずは花粉症の予防と治療について教えていただき、それから病気についてのお話をお聞きしたいと思います。

十分な対策で快適に

Dr.: すべての病気は、予防に勝る治療なし、ですから。シーズンに入る前に、先制攻撃といきましょう。
風邪のときも、ウィルスや、ばい菌を寄せ付けない工夫が必要です。花粉症も、スギやヒノキの花粉を吸入しないように、マスクなどを活用します。そして、シーズン前からアレルギー予防薬の使用を開始します。
 シーズン中の症状がどうしようもなくつらい方は、レーザーや高周波を使用した鼻粘膜への手術が非常に有用です。例年、ひどい花粉症発作で憂うつな春を過ごしておられる方は、今年こそはレーザーと高周波を利用した十分な花粉症予防策で、快適なシーズンを迎えていただきたいと思います。

An.: レーザーとか高周波って、痛くないんですか? 花粉症に効くんですか?
Dr.: 花粉は、人間の鼻の粘膜から人体内に侵入し、そこでアレルギー反応を引き起こします。その症状が、すさまじいくしゃみ・鼻水・鼻詰まりなんですけどね。

An.: ということは、鼻粘膜から花粉が吸収されなければ、そもそも花粉症発作は起こり得ない?
Dr.: マスクによる花粉吸入阻止法は、その典型ですが、マスクはどんなに有効でも、使用できる時と場所を選ぶので、それ以外の手段も必要なんです。

An.: 他人の目も気になります。
Dr.: レーザーでしたら、鼻粘膜への処置だけですので、決して百年の恋が醒めるなんていうことはありません。

An.: レーザーは一言で言うとどのような役割をはたすものなんですか?
Dr.: 繰り返しになりますが、花粉は人間の鼻粘膜から人体内に侵入し、そこでアレルギー反応を引き起こします。当院で行うレーザー手術は、花粉が侵入する鼻粘膜の表面を、ごく薄く焼灼し、粘膜からの花粉の吸収を阻止したりして、鼻粘膜上でアレルギー反応が生じにくくする役割を果します。

An.: なるほど、それでレーザーは花粉症に有効なんですね!
Dr.: ただし、このレーザーだけでは、花粉症の3大症状であるくしゃみ・鼻水・鼻詰まりのうち、くしゃみと鼻水しか改善させることができないので、引き続き、鼻詰まりに効果的な高周波手術が必要となります。次回は、実際に手術を受けた方の感想をお聞きしてみることにしましょう。

花粉にレーザー・高周波

An.: 三好先生、前回の放送では、スギ花粉症予防のためのレーザー治療について、お話を伺いました。
 先生、なんでも花粉症の3大症状は、百年の恋の醒める、ひっどーいくしゃみ・鼻水・鼻詰まりなんだそうですね。
Dr.: 今回はシーズン前に、レーザーと高周波を使って鼻の粘膜を処置する方法を、そっと伝授します。江澤さん、これはここだけのお話ですよ。

An.: あらヤダ! マイクがオンになってたわ!! 三好先生、この際、その秘密をリスナーの皆さんにも、お聞き頂きましょうか?
Dr.: 花粉症三大症状のうち、くしゃみ・鼻水は、飲み薬やレーザーでだいぶ楽になります。けれども鼻詰まりだけは、鼻の粘膜が長く繰り返す慢性の炎症のために、粘膜が繊維化、つまり「たこ」のようになっているためにあらゆる薬が効きません。外科的治療法など、何か他の治療法が必要なんです。

An.: 外科的治療って、鼻の粘膜を切り取ったりするんですか? 痛くないんでしょうか。
Dr.: 従来の外科的治療は、腫れ上がって固くなってしまった鼻粘膜を、メスや外科用はさみで切り取るものだったんです。ですから痛かったり、出血したり、かさぶたが付いたり、結構本人の負担もバカになりませんでした。
 でも今は高周波による手術で・・・。

An.: ソレ、痛くないんですか?
Dr.: ゼロとは申しませんが、切り取ることに比べたら、はるかに楽です。ここでは高周波手術を受けた方からの、喜びのお便りを紹介します。

花の匂いに感激

An.: 読みます。
 「手術後3週間から4週間目に入り、明確に症状が改善しました。改善して嬉しい順で言いますと、
(1) 脳外科へも通っていましたが頭痛がなくなりました。
(2)のどの上の方が痒くなることはありますが以前の鼻炎症状はまったく出ません。
(3)いびきが、かなりなくなり、息が止まることもなくなりました。ただし、30年間、口で呼吸する習慣になっており、この点については、まだ完全に戻ってはおりませんが昼間は鼻呼吸に変わったと思います。
(4)朝起きた時に花の匂いを感じるようになりました。
 その他にも細かいことはありますが、非常に快適な生活になり、先生に大変感謝しております。あらためて御礼申し上げます。
毎日お忙しいこととは思いますが、お身体にご自愛いただき、ご活躍いただきますよう、お祈り致しております。」

2回の手術で以前のように

Dr.: 体験記、もう一つ行きましょうか。
An.: 次のOさんは、10年ほど前からアレルギー性鼻炎を患っており、お子さんとお孫さんも同じ症状をお持ちだそうです。読みます。  
 「今年に入ったある朝、起きたら鼻がひどく詰まっていたんです。一向に良くならないんで、仕方なく病院でもらった薬を飲んだんですがまったく効かなくて、水を飲むことすら難しくなりました。夜は寝られず、夜中にマンションの周りをウロウロ散歩して時間つぶしをしました。仕事にも差し支えが出てしまい、三日間休んでしまいました。鼻が閉鎖されると、普段何気なく食べている料理も味が分からなくなり、「おいしい」と思う気持ちが希薄になってきます。甘い・辛いなどは分かったとしても、風味が感じられなくなり食事を取ろうとする意欲がなくなってしまうんです。
 三好さんを受診した時も最初は半信半疑だったんです。レントゲンを撮って、どこがどうなっているのか説明してもらい、すぐにでも手術をした方がいいですよと言われました。手術の前に、まず鼻に麻酔を含んだ綿を詰め、それから少し時間をおいて手術室に入りました。はたから見ても緊張していたと思いますが、看護師の人が笑顔で話し掛けてくれて、安心できました。
三好先生のお話、楽しみにしてますよ
三好先生のお話、楽しみにしてますよ
※画像をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます。
 いざ手術が始まると、思っていたより痛みはありませんでしたね。最初の注射がまぁそれなりに痛かったですけど、手術自体は針が肌にピッピッと触れたような感覚でした。終わった後の鼻血も30分位休んでたら止まりました。もうそうしたら、すごく楽になりましてね! 何日か経ったら鼻が通るようになって、眠れるようになったんですよ。2回目の手術もやっぱり緊張しましたけれど、前回よりも鼻血は出なかったし痛みもなかったです。そしたらすぐに鼻の通りが良くなりまして、花粉症になる前の状態みたいになりました。先生やっぱりうまいですね!
 本当に助かりました。ありがとうございます」。

An.: 三好先生、ホントにこんなことがあるんですね! 次回、ぜひこの高周波手術の実状や、花粉症のメカニズムについても、教えてください。絶対ですよ!!

つづく


関連リンク: 索引 げんき倶楽部杜人
索引 ソムノプラスティ
  索引 花粉症
  索引 スギ花粉症
  索引 アレルギー性鼻炎
  索引 fmいずみ 79.7Mhz

←前ページ    次ページ→

No.193
トップページへ 前ページへ