3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

 

中耳炎だけど、泳ぎたい! 〜どのような点に気をつければよいのでしょうか?

慢性の中耳炎なのですが水泳を習いたいと考えております。防水対策など、どのようにすればよいのでしょうか?鼓膜に空いた孔のゆ有無などで、水泳が可能か不可能か決まると聞いております。中耳炎とはどのような原理で起こる病気なのか、種類はあるのか改めて知っておきたいのですが。

(47歳/男性/会社員/静岡県)

中耳炎の種類によって、水泳可能な場合も

中耳炎には以下の種類があります。

まず、真冬の寒いなか、風邪をひいた子どもが突然耳の痛みを訴える急性中耳炎。次に鼓膜の内側に水のような炎症性の液体が貯留して、ひどく聞えが悪くなる滲出性中耳炎。そして子どもの頃に急性中耳炎などに罹患し鼓膜に孔が開いてしまったのをそのままにしてほったらかしていた慢性中耳炎、の3種類です。

急性中耳炎は、風邪をひいた際にのどのばい菌が、耳管というのどの奥と耳とを繋いでいる管を通じて中耳腔(鼓膜の内側のスペース)に入り、そこに膿汁が充満し鼓膜を内側から強く圧迫するため痛みを生じます。滲出性中耳炎は、耳管の機能が衰えて中耳腔の換気がうまくいかず、鼓膜の内側に液体の溜まってしまう状態です。この治療として、鼓膜に換気のための細いチューブを入れておくことがあります。一方、慢性中耳炎では、普段は聞えの悪化以外は何の症状もないことが多いのですが、風邪気味の時などは感染を起こして耳垂れが出て、一層聞えが悪くなることがあります。

これらのうち水泳禁止なのは、急性中耳炎、また慢性中耳炎の耳垂れの出ている時期の患者さんです。

滲出性中耳炎は原則として、水泳可能です。ただし、滲出性中耳炎でチューブの挿入されている場合と慢性中耳炎で耳垂れの出ていない時期には、次のような注意を守ってもらえば水泳可能です。

まず、外耳道(耳の穴)を密封できる耳栓を使用すること、そしてその耳栓の上からスイミングキャップを被り、耳栓が脱落しないようにすること、の2点です。この際、飛び込みと潜水は控えた方が賢明です。ご相談の方も以下の点に注意して下されば、水泳をしても大丈夫だと思います。

(三好耳鼻咽喉科クリニック院長 三好 彰)
「ホスピタウン2003.1月号掲載」

関連リンク: 用語集 滲出性中耳炎
トップページへ 次へ もどる