3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集


Q:口呼吸がくせで、鼻の通りが悪い

私は口呼吸がくせで、鼻の通りが細いと言われました。耳鼻科に通えば治りますか?口呼吸は治らない人もいると聞いて、心配です。

(?歳,?性)

 

A:鼻アレルギーで鼻づまりが原因

口を開いて呼吸せざるを得ないのは、多くの場合鼻閉(鼻詰まり)が存在するためと考えられます。このため耳鼻咽喉科で鼻疾患の有無について検査することが、必要です。

鼻詰まりを起こす病気として,副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)そして鼻中隔彎曲症などが、日本人には多く見られます。

鼻詰まりに加えてくしゃみと水みたいな鼻汁があったら、それはアレルギー性鼻炎が考えられます。

アレルゲン(アレルギーの原因物質)の検査を行い、それに対する対策を考えます。

鼻詰まりに青っ鼻を伴うようでしたら、副鼻腔炎が考え易いでしょう。風邪の後に発症することが多く、診断の助けになります。

抗生物質と消炎酵素剤の内服、それに鼻処置で治療します。

鼻中隔彎曲症は、鼻の真ん中の骨が曲がっており、そのために鼻詰まりを来すものです。子どもでは少ないのですが、大人では日本人の8割に多少の鼻中隔彎曲が見られるとも言われ、必ずしも病気と考えることはありません。ただ、この彎曲が強いといつもいずれか一方の鼻が詰まり、不愉快です。

これは手術で治療しますが、入院の必要なこともありますので、耳鼻科医と相談した方が良いでしょう。

慢性鼻炎のために年中鼻詰まりのある方もおられますが、あまりひどいようなら手術で鼻粘膜を切除するのも一つの方法です。

なお夜間、睡眠時に口呼吸のくせがある場合、枕が合わないためにこうなっていることがあります。布団に原因のあることも皆無ではありません。

枕と布団の相性など、寝具に気を使うことも重要です。

口呼吸の習慣があるといびきをかき易かったり、口が乾燥して唾液の清浄作用が低下するために虫歯になりがち、との指摘もあります。

このようなときには、「ネルネル」と称する睡眠時に口を閉鎖させるテープが販売されており、口呼吸の防止に有用です。一度試してみられたらいかがでしょうか?

関連リンク: みみ、はな、のどの変なとき 鼻づまり
症状用語索引 詳細用語もご利用下さい。

トップページへ 次へ もどる