3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集


Q:耳抜きできず、痛みが残る

頭痛がひどく、併せて耳の奥がじんじんしています。頭痛は特に、お酒を呑んだ後や運動の後あるいは入浴後に増強します。また高速エレベータを使用した時には、いわゆる「耳抜き」がうまくできず、できたとしても痛みが残ります。すごくひどい時には、何もしていなくとも痛み出し、めまいも生じます。耳の詰まった感じの伴うこともあって、聞こえが悪化します。耳鼻科を受診してもなんともないという返事ですし、市販の頭痛薬も効きません。

(30歳・男性)

 

A:上咽頭が炎症、耳管機能が低下

実際に診察した訳ではないので、飽くまで推測ですが、上咽頭炎の可能性が高いものと判断されます。

上咽頭とはのどの上の鼻の奥(突き当たり)の部分で、ここに炎症があると後頭部の痛みや後頚部の痛みが生じ、それは耳に響くこともあります。回転はしないのですが、フラフラするようなめまい感も発生します。耳管という、耳とのどの奥を繋ぎ鼓膜内外の気圧調節に関与する管の、のど側の入り口がここに開口しているので、上咽頭に炎症があって腫れていると耳管機能が低下し、耳が詰まったみたいになります。高速エレベータでもそうですが、飛行機に乗ると耳の気圧の調節がうまく行かず、耳が痛くなります。

必要でしたら、お住まいのお近くの耳鼻咽喉科専門医をご紹介できますが?


関連リンク: みみ、はな、のどの変なとき 「咽頭痛」
症状用語索引 詳細用語もご利用下さい。

トップページへ 次へ もどる