3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集


Q:花粉症です。いつ頃から服用すればいいですか?

花粉症の予防についてお伺いします。

毎年、春になると花粉症で悩んでいましたが、昨年は通院し2月中旬より内服薬を服用することで、全く症状を起こす事無く”いやなシーズン”を乗り切ることができました。 今年は例年より花粉が多いという予測ですが、時期的にいつ頃から内服薬を服み始めれば良いのか、アドヴァイス頂ければ幸いです。

 

A:シーズンの始まる2週間前から開始するのが、普通です。

花粉症は風媒花の花粉に対するアレルギーで、近年はその頻度を増し「国民病」などとの不名誉なあだ名さえあります。ことに春先に大量に花粉を飛散させる日本スギによる花粉症は、第二次世界大戦後の全国一斉の植林によって、北海道と沖縄を除く全国で社会問題になっています。

通年性つまり一年中症状の存在するダニなどのアレルギーでは、アレルゲン(アレルギーの原因物質でダニやスギ花粉など)に対する原因療法を行なうことも多いのですが、一時的な季節性のアレルギーである花粉症では、そのシーズンだけ対策を講じてなんとか遣り過ごすことも少なくありません。

その目的から抗アレルギー剤の内服を、シーズンに入る前から行なうのですが、内服開始から効果出現まで2週間ほどの余裕が必要です。

ですから、例えば毎年3月の声を聞くとスギ花粉の飛散するこの仙台市では、2月半ばから抗アレルギー剤の服用を開始するのですが、花粉飛散開始はその年の気候によって異なります。

飛散開始が急に早まることだって皆無ではありませんから、さらにゆとりを持って2月初旬から開始することができれば、より効果的と言えます。

年度末にも相当し、かなり忙しくなる時期でもありますが、ご自分のお仕事やライフスタイルに合わせて治療計画を立てて見てはいかがでしょうか?

なお蛇足ではありますが、抗アレルギー剤でも治まり切らないひどい花粉症では、シーズン前の鼻粘膜へのレーザー照射が効果的であることも、最近判って来ました。

 花粉症のために春先の憂欝な方は、一度ご相談なさってはどうかと考えます。

 

関連リンク: スギ花粉症 〜レーザーとソムノプラスティによる新しいアプローチ〜
症状用語索引 詳細用語もご利用下さい。

トップページへ 次へ もどる