3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集



Q:ヘッドフォンで難聴?

僕はここ2〜3年、電車の中でヘッドフォンを聴きながら通学しています。そのせいか、最近、たまに”キーン”という音が聞こえたり、音がはっきり聞こえなかったり、耳がつまったような感じもしばしばあります。いわゆる難聴と言われるものだと思うのですが、ヘッドフォンの使用は避けるべきでしょうか?難聴について、教えてください。

 

A:聴力は二度と戻らない。早期検査を

長い間大きな音を聴き続けると、耳の神経がダメージを受けて「騒音性難聴」の状態になることがあります。これは慢性的な刺激で聞こえの感覚細胞が破壊されてしまうもので、最初は普段の生活で使わないような高い音が聞こえなくなります。

そして初期には日常会話に差し支えないので気付かないうちに、徐々に低い音まで聞こえにくくなってしまうことがあります。

そうなるともう二度と聴力は元に戻らないので、初期の高音部の障害の時期に発見して、それ以上進行しないように気を付ける必要があります。

その意味では耳が変だと思ったら、早めに耳鼻科医でチェックしてもらうことが大切です。ご相談の、ヘッドフォンの音量がどの程度なのか判らず断言はできないのですが、あまり長時間にわたって大きな音を聴き続けているようでしたら、騒音性難聴の可能性を考慮して、一度耳鼻科医で聴力検査を受けて見られることをお勧めします。

 

関連リンク: 院長著作コミック「難聴・早期発見伝」
症状用語索引 詳細用語もご利用下さい。

トップページへ 次へ もどる