3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

ノドの異物


人間の体の中に本来なら在り得ないもの。そんな物体が体内に見られると、これを「異物」と称します。ラテン語ではこうした異物のことを「コルプス・アリエヌム」と言うのだそうです。コルプスとは「物体」の意味ですから、この言葉はそのまま「在り得ぬ物体」のことだとか。ホントかな?という気がしないでもないのですが、確かにラテン語ではそう言います。

それはさておき、のどで言うならこの異物、例えば魚の骨を飲み込み損ねてひっかけた状態、などです。通常ひっかける魚は骨の細かいものが当然多く、外来診療ではさんまの骨やうなぎの骨などをよく診ます。変わりものとしては魚の骨ではなく、いなごの足をひっかける方もおられます。宮城県でもそうですが、ことに信州地方ではいなごを佃煮にして食べる風習があるので、そのためとされます。

のどに異物をひっかけたときには、のどの右・左・真中のいずれが痛いのか、よく確認してください。例外はもちろんありますが、左右に偏る痛みでは異物は扁桃に、また真中の痛みでは異物は舌根部にひっかかっていることが、多いものです。

なお、時に異物が咽頭から外れて飲み込まれてしまっても、のどの痛みの残ることはあります。指にとげが刺さった場合でも、とげの抜けた後も痛いことがあります。のどの異物も同様で、刺さっていた異物が落ちてしまった後も残った傷の痛みは、感じられます。まるで異物がまだそこにあるような、感覚はあります。でもそれは傷のせいで、異物はすでに見られないこともあるのです。

外来診療で気をつけるべき異物に、薬のPTP包装があります。

飲み薬は粉薬以外はたいてい清涼感のある半透明の包装に包まれています。この包装はこれまで1個1個別々にできるようになっていて、一錠ずつ用いてきました。けれども中にはこれらの包装もお薬だと勘違いして、包装ごと丸呑みしてやる方もいます、一説にはこれは、カプセル製剤のカプセルを逆に包装と取り違え、カプセルを外して中の粉を飲もうとする方が以前は見られた。このために、カプセルは外さないようにとの教育が行き届き過ぎ、逆に錠剤の包装まで外さずに用いるようになった。そうも言われます。

こんな理由から近年錠剤は、一つずつ分けられない形態に改まって来ました。いつかPTP異物は、姿を消すのかも知れません。
 
河北新報 マイタウンかほく泉8月号 Vol.25 1997年7月30日

関連リンク: みみ、はな、のどの検査・処置 (さんまの骨)
症状用語索引 詳細用語もご利用下さい。
トップページへ もどる