3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

子どもの急性中耳炎


子どもが風邪をひいたとき、突然耳の痛くなることがあります。それは風邪のひきかけのとき、風邪に一番ひどいとき、風邪の直りかけ、時期を問わずに起こります、この耳の痛みはかなりひどく、子どもは耳を抱え転がるようにして痛みを訴えます。

これはそのほとんどが急性中耳炎で、風邪のばい菌がのどから耳の内側へ入り込み、鼓膜の内側(中耳腔と言います)で炎症を起こしている状態です。のどの奥と中耳腔とは耳管と呼ばれる管でつながっており、これは鼓膜内外の気圧調節に役立っているのですが、風邪の場合にはのどのばい菌の中耳腔への通路ともなります。とくに子どもではこの耳管、太く短くできています。のどのばい菌が耳の中へ入り易く、それだけ中耳炎を起こす頻度が高くなります。

大人になると耳管は細くなり長くなりますので、のどのばい菌が耳まで到達することは少なくなります。大人になると子どものときより急性中耳炎に罹りにくくなるのは、そんな理由からです。

子どもの急性中耳炎でひどく耳が痛むのは、中耳腔に溜まった膿の量がとても多く、鼓膜を内側から外に向け強烈に圧迫するためです。通常中耳腔に貯留した液体は耳管を通じてのどに排泄されるのですが、耳管も急性中耳炎ではのどの炎症のために腫れて開きにくくなっています。膿の、逃げて行き先が無い訳です。この痛みを取り去るには、鼓膜に対する圧迫をなくす必要があります。

耳鼻科医は通常急性中耳炎の耳みの痛みを取りのぞくために、鼓膜に針の先ほどの小さな穴を開け膿が中から外へ流出する手助けをします。鼓膜切開と称するこの処置は、中耳炎の耳の痛みを瞬時に楽にする最善の方法です、ただ処置のその瞬間が多少なりとも痛むのと、鼓膜切開という用語に恐怖感の伴うのが最大の難点ではあります。

この処置と有効な抗生物質の投与とで、急性中耳炎は治まって行くのが普通です、

急性中耳炎で怖いのは、ごく稀なことではありますが、全身状態の悪化して髄膜炎などに至ることも皆無ではないことです。急性中耳炎の経過中に、突然熱が上がる・ぐったりする・ぼんやりして返事がない、などの症状が見られたならば、ただちに主治医に知らせてください。耳だけではなく子どもの全身状態に気を配るのも、大切なことなのです。
 
(三好 彰:三好耳鼻咽喉科クリニック院長・南京医科大学耳鼻咽喉科客員教授)
 
河北新報 マイタウンかほく12月号(平成7年11月29日)掲載

関連リンク: みみ、はな、のどの変なとき (子供の急性中耳炎ページ)
  院長著作コミック「中耳炎世界の冒険」
症状用語索引 詳細用語もご利用下さい。
トップページへ もどる