3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

 

中耳炎

〈慢性中耳炎〉

子供のころから時々耳だれが出ていて何となく聞こえが悪かった。いま現在は耳だれもなく、ちょっと聞こえが悪い程度なんだけど…..。こんな方は鼓膜に小さな穴(せん孔)の開いていることがよくあって、慢性中耳炎と呼ばれます。そういう方が子供の時代には、耳だれ程度は病気として扱ってもらえず、ほうっておかれた、そんな経緯もあります。

鼓膜は音、つまり空気の振動をキャッチして、それを耳小骨と称する中耳の小さな骨に伝えます。耳小骨は音の物理的振動を内耳に運び、内耳は振動を感じ神経の信号に変えて、脳に送ります。

ですから鼓膜に穴が開いていて、空気の振動を上手に捕まえられないと、音は内耳そして脳へと伝わりません。おまけに慢性中耳炎では、子供の時から中耳の炎症で、耳小骨が壊れたり癒着して動きにくくなったりすることも、多いものです。ますます音が、聞こえにくくなります(音を伝える部分に原因のある聞こえの悪さですので、伝音難聴と言います)。

慢性中耳炎では、それに加え時に感染が生じ耳だれが出ます。この感染により中耳の炎症はさらに強くなり、伝音難聴もより一層ひどくなります。でも、そのまま治療もせずに中耳炎が放置されると、それだけでは済みません。
炎症が内耳に及び、音の振動を脳への信号に変えるシステムが侵されるのです。内耳がダメージを受けますと、いわゆる神経性難聴(感音難聴と言います)となりますので、聴力の回復はなかなか難しくなります。ですから、そうなってしまわないように、耳だれが時々出ていて聞こえが悪い、そんな時には耳鼻科医に、ぜひ相談していただきたいと思います。

〈真珠腫(しゅ)性中耳炎〉

慢性中耳炎の一種で、耳の骨を破壊し病変が奥に食い込んで行くタイプのものです。ご存じのように耳やその周辺には、脳を始め大切な器官が密在しています。そのため、この中耳炎が進行し骨の破壊が生じると、隣接する重要な器官に悪影響を生じます。

例えば、耳だれがかなり以前からあったのに放置した。そしたら、風邪を引いたある日、突然耳から血が出てひどいめまいがする。おまけに片方の顔が曲がってしまい、目や口が閉じなくなった。そんな時には、真珠腫性中耳炎が急激に悪化して(急性増悪と言います)内耳を侵したものと想像されます。

抗生物質の手に入らなかった昔なら、とっくに頭をやられ髄膜炎になっていた、いわばそういう事態です。こうならないように、やはり耳の変な状態が長引くなら耳鼻科医の管理を受けておいてください。

もちろん、もしも悪化の兆しが見られたら、直ちに主治医に報告していただかねばなりません。

なお、真珠腫性中耳炎では、そのほとんどが治療のために手術を必要とします。また、病変が中耳腔(くう)の隅々まで充満していたりする時には、複数回の手術となることがあります。こんな場合初回の手術で病変を除去し、二回目以降の手術で病変の除去を確認。そして聴力改善の処置を行う、二段階式手術法が選択されることがあります。

(三好 彰:三好耳鼻咽喉科クリニック院長)


関連リンク: みみ、はな、のどの変なとき (慢性中耳炎ページ)
症状用語索引 詳細用語もご利用下さい。

トップページへ 次へ もどる