3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

HD・ダニのアレルギー増加


暑かった夏が終わり秋風が吹き始めます。季節の変わり目だからでしょうか、喘息の発作のひどくなる人がいます。くしゃみ・鼻水・鼻づまりなど、鼻アレルギー症状の悪化する人も見かけます。

そしてそれには理由があります。気管支喘息や鼻アレルギーなどの最大の抗原(アレルゲン)であるHD(ハウスダストつまり家の埃)が、ダニの増加のピーク後のこの時期に増えるからなのです。なぜならHDはその主成分が、ダニの糞と死骸とから成っています。ですからダニの増殖した後に、HDのピークがやってくるのです。ついでに述べればダニそのものについてさえ、アレルギーの直接の誘因となる成分はやはり糞と死骸であるとされています。同様にダニ自体の生息したその後に、高原性の一層強い原因物質が残ることになります。

なおダニの繁殖するシーズンは、高温多湿の7月〜8月が一番です。抗原性の高いダニ死骸はそのため、8月〜9月の家屋内にもっとも多く存在することになります。

HDとダニアレルギーによる気管支喘息と鼻アレルギーが今のこの季節に多発するのは、つまりそんな理由からなのです。

なお7〜8月にダニの増加するのは、住環境の密閉化の関係で家屋内のダニの生存し易い状況となることが、引き金です。ダニのえさとなるカビが見えない所ではびこってしまうのも、この季節の特徴の一つです。

ともあれ、そんないくつかの理由で夏の終わりには気管支喘息や鼻アレルギーなど、HDとダニに起因するアレルギー疾患が増悪します。季節の変わり目だから、だけではないようです。

原因が判れば、対策は簡単でしょうか。ダニの増加に対する防御策は、しかし残念ながら結構難しいものです。それは現代人の住環境の密閉化傾向を、何とかしなければ根本的な解決とはならないからです。せめて家屋内に存在するHDやダニなどの除去を徹底するのが実際的です。

1.換気は純分に、ことに炊事や風呂場の湿気の除去を心掛ける。
2.掃除機を丁寧にかけ、その排気にも気を使う。吸い取ったダニを、また掃除機から排気と共に吐き出すことのないように。
3.寝具の手入れはまめに、その乾燥に気をつけて。
4.じゅうたんや畳の掃除は徹底して行なう。

これらは最低限必要な事項です。
 
(三好 彰:三好耳鼻咽喉科クリニック院長・南京医科大学耳鼻咽喉科客員教授)
 
河北新報 マイタウンかほく9月号(平成7年8月30日)掲載
花粉症・アレルギーについては、『スギ花粉症』コミック『愛しのダニ・ボーイ』でもご紹介しています。
トップページへ もどる