3443通信 オンライン  
みみ、はな、のどに関する病名、症状などの用語集

 

嗅覚障害

人間の感覚は五感といわれます。視覚、聴覚、嗅覚(きゅうかく)、味覚、触覚のことです。これらのうち視覚、聴覚はドイツ語で「より精神に近い感覚」と呼ばれ、思考、思索に関与することが多い、とされています。それに対して嗅覚、味覚は「より生命に近い感覚」と称されます。人間が生命を維持する、基礎的な部分にかかわっているからでしょう。

確かに人間の生命維持は、自己の個体保存と自分たちの種族保存からなっており、嗅覚は特にこの両者に深く関係しています。個体保存のために食物を摂取する、その際に食物が腐っていないかどうか確認するのは嗅覚です。

また種族保存の目的で異性を探す、この場合にもフェロモンなどのにおい物質(においのもとという意味で嗅素と呼びます)を介して関与している。それはやはり嗅覚です。

他方で嗅覚は、自己と自己を取り巻く世界とを結び付けている、最も原始的な感覚と考えられています。プルーストが「失われし時を求めて」の中で、マドレーヌを口に含んだ瞬間、お菓子の香りとともに過ぎ去った子供時代の情景が、体感として突然よみがえってくる、そんなエピソードを記しています。このような現象は、五感の中でも嗅覚に特有なものです。

人生の途上で、自己と世界との接し方が問われる思春期に、自らの体からいやなにおいが発生していて、他者が自分を疎んじる、そんな妄想の生じることがあり、自己臭妄想と呼ばれます。これも嗅覚という感覚の独自性と、無関係ではないようです。

もう一つの嗅覚の特色として、疲労現象があります。これは、かなり強いにおいのそばにいても、最初こそそのにおいがキツく感じられるものの、やがてそのにおいが気にならなくなる。いわば、慣れみたいな現象ですが、索敵行為がその目的かと思われます。

つまり、嗅覚を通じて動物は敵の行動を感知します。そして、このためには常に新しいにおいに敏感でなければなりません。

常在するにおいにとらわれず、自分のテリトリーに侵入する敵の新しいにおいを、一瞬にして捕らえる。嗅覚の疲労現象は、そういった目的には実に合理的と言えます。これも嗅覚が、生命の維持に密接に関連しているあかしかもしれません。

この嗅覚を感じるのは鼻内の、位置的には目と目の間の部分の鼻粘膜です。鼻粘膜と呼ばれるここは、ちょうどワサビを食べたときに、痛烈なツーンとくる感覚を覚える、あの場所と考えられます。

今の例えやプルーストのエピソードからも分かるように、嗅覚は鼻の穴から入ってくる嗅素と、口腔(くう)内で発生し後鼻口を通じて鼻腔に到達する嗅素との両方を、感じ取っています。

前者ももちろんそうですが、とりわけ後者は、食事の風味を繊細に味わい分けるのに重要です。例えばそばをほおばったとき、のど越しにそばの絶妙な香りを楽しむ。それこそ、後鼻口を通ったそばの嗅素の独壇場です。

そんな理由で嗅覚が障害されると、まるで味覚までが障害されたような気がします。味覚そのものには異常がないのですけれど。この状態を、純粋な味覚そのものの障害と区別して、風味障害と名付けることがあります。(この項終わり)

(三好 彰:三好耳鼻咽喉科クリニック院長)


関連リンク: 院長著作コミック「味気ない世界の中心で」
症状用語索引 詳細用語もご利用下さい。

トップページへ 次へ もどる